債務整理相談が無料できる弁護士・司法書士を徹底比較

HOME/債務整理相談

街角法律相談所 <全国の法律家紹介・無料診断あり>

借金問題を解決したくても、どのように解決したらいいか分からない。またどこの法律事務所に債務整理の相談したらいいか分からない。
街角法律相談所は、そんな人のために開設されたサイトです。
WEBサイトに自分の債務状況を入力するだけで、いろいろな法律事務所の比較をしたり解決方法をアドバイスしてもらえます。
無料借金シミュレーターを活用することで、希望条件にマッチする債務整理専門の弁護士をピックアップすることができます。

 


相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール診断 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 全国の相談所・法律事務所を無料紹介
樋口総合法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>

樋口総合法律事務所は、東京都中央区京橋で都営浅草線宝町駅A6出口すぐのところにある債務整理専門の弁護士事務所です。
ここは小規模な個人事務所で支店もありませんが、アットホームな雰囲気と何でも気軽に相談しやすいところに定評があります。
個人事務所ですが公式サイトも用意されており、事務所のプロフィールや取り扱い業務などが紹介されています。
債務整理の相談はメールなどで対応しており、夜間や土日祝であっても相談可能です。

 


相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都中央区京橋(宝町駅)

おしなり法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>
おしなり法律事務所は債務整理についての相談をすることができますが、その際の費用はすべて無料となっています。

さらに全国どこからでもメールによる相談が可能ですのでお住まいの地域を問わず誰でも相談することができます。
実際に債務整理の依頼をすればその時点で金融機関からの取立はストップしますし、交渉も専門家である弁護士が代行してくれます。
債務整理の着手金など費用に関しても一括払いだけでなく分割払いもできるようになっていますので、借金返済で経済的に苦しい方にも頼りになります。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都墨田区錦糸(錦糸町駅)

岡田法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>
岡田法律事務所といえば、東京都台東区上野にある東京弁護士会所属の弁護士事務所です。

岡田法律事務所が他の弁護士事務所と違うところは、とにかく費用が安いこと、そして地方からでも相談がしやすいことです。
債務整理の相談だけならいつでも無料で受け付けており、ノウハウと実績は十分、費用は他の弁護士事務所よりも安く、全国各地で債務整理の無料相談会を定期的に開いています。
関東地方で借金問題にお困りの方は、まずここの弁護士事務所に相談してみるといいでしょう。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都台東区東上野(御徒町駅)
司法書士法人杉山事務所 <司法書士・無料メール相談あり>

 

司法書士法人杉山事務所は債務整理に強い事務所です。
その実績は月に3,000件の過払い金請求を成功させたほどで、経済誌に取り上げられたこともあります。
債務整理の相談は無料ででき、メールでの相談となりますのでお住まいの地域を問わず利用できる点も魅力的です。
債務整理の方法にはいくつかあり、さらに借金は既に払い終わっていたとしても過払い金を取り返したいというケースもあります。
司法書士法人杉山事務所では相談者に最適な債務整理を選択してくれますのでスムーズに借金問題を解決することができます。


相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
仙台、東京、愛知、大阪、広島、岡山、福岡 24時間365日営業 大阪市中央区難波(なんば駅)

 

日野司法書士事務所 <司法書士・無料メール相談あり>
日野司法書士事務所は債務整理において10年という長い実績のある事務所です。

それだけ多くの方の借金問題を解決してきたと言えるのですが、日野司法書士事務所には主に3つの特長があります。
1つ目は債務整理の相談は何度でも無料でできるということ、2つ目はその債務整理の相談が全国対応していること、そして3つ目が取立のストップです。
どれも借金問題を抱える方にとっては大きなメリットになると言えます。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都台東区台東(秋葉原駅)

 

RESTA法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>

RESTA法律事務所はいつでも気軽に債務整理について相談できることが大きな特長となっています。
相談は無料でできますし、相談の受付も24時間365日いつでもメール対応してくれます。
また、地域も問わず全国対応をしていますのでお住まいの地域によって相談できないといったこともありません。
実際に債務整理を依頼をする場合も初期費用はかからないので経済的な心配も不要です。
対応も非常に迅速なため借金返済に悩まされることもなくなります。

 


相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都新宿区新宿(新宿御苑前駅)

 

ふづき法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>

ふづき法律事務所はさまざまなトラブルを取り扱う東京新宿の弁護士事務所です。とりわけ債務整理や過払い金の返還請求などには定評があり、弁護士として可能な限りの救済策を講じてくれます。弁護士への依頼は、料金の面で一般的にハードルが高いと思われがちですが、ふづき法律事務所では相談料が無料です。さらに着手金や成功報酬、訴訟費用なども割安なのでおすすめです。事務所はアクセス良好なので、債務でお悩みならぜひ相談してみてください。

 


相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都新宿区新宿(新宿御苑前駅)

 

リヴラ総合法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>
東京都港区で債務整理を安心して相談できるところなら、リヴラ総合法律事務所を挙げることができます。

ここは東京都港区新橋にある弁護士事務所で、個人の債務整理のみならず法人の債務整理案件も請負っています。
債務整理の相談だけなら料金はどこまでも無料、しかも初期費用も0円で、地方でも出張面談あり対応は24時間365日。過払い金保証があり、しかも女性専用ダイヤルまであります。
サービスがよくて、おまけに報酬もリーズナブルという柔軟な弁護士事務所です。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都港区新橋(新橋駅)

 

新大阪法務司法書士事務所 <司法書士・無料メール相談あり>
新大阪法務司法書士事務所では債務整理の相談をメールで24時間受け付けています。

そのため、いつでも相談することができますし実際に債務整理などを依頼する場合も着手金は0円、金融機関1社あたりの費用も21,000円という低価格になっています。
即日相談、即日依頼も可能で、依頼をした時点で取立はすぐに止めてもらえますし、家族や職場の同僚、友人などに知られてしまう心配もありません。
全国対応していることもあって誰でも安心して債務整理の相談ができる司法書士事務所です。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 大阪府大阪市東淀川区東中島(新大阪駅)

 

日本法規情報株式会社 <全国の法律家紹介・無料診断あり>
通常、借金解決のために弁護士などに相談する場合は自分で相談する先を決めなければなりません。

ですが日本法規情報株式会社では個々に最適な弁護士を検索、紹介してくれることが大きな特長となっています。
債務整理の相談費用は無料で土日の相談も可能、さらに希望の面談場所や時間で調整することも可能ですので誰でも気軽に相談できる環境が整っています。
実際に債務整理を依頼するのではなく相談だけでも問題ありません。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 全国の相談所・法律事務所を紹介

 

サルート法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>
サルート法律事務所は借金返済の悩みを弁護士歴39年のベテランが対応してくれる法律事務所です。

債務整理の相談は無料で受付、具体的に債務整理の契約を締結すれば、早くて1〜2日ほどで支払いや取立ての催促を停止してくれます。
債務整理の無料相談は24時間メールで受け付けており、その後の弁護士との面談も無料になります。まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都新宿区四谷(四谷三丁目駅)

 

アヴァンス法務事務所 <司法書士・無料メール相談あり>
アヴァンス法務事務所は債務整理で借金問題の解決をしたいという時に非常に頼りになります。

債務整理で過払い金の請求をする場合も減額報酬がありませんし、日本全国に対応しているためお住まいの地域を問わず相談ができ、その相談料も無料です。
さらに土曜日、日曜日、祝日も営業をしているため、平日は忙しくてなかなか債務整理の相談する時間がないという方でも安心です。
相談時には専門家の目線からどの債務整理が適しているのかをアドバイスしてくれますから悩まされてきた借金問題に向けてしっかりサポートしてくれます。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 大阪府大阪市中央区北浜(北浜駅)

 

アヴァンス法務事務所(アヴァンスレディース) <司法書士・無料メール相談あり>
女性のための女性スタッフによる債務問題解決のための法律事務所として知名度が高まっています。

同性だからわかる女性の債務問題の悩みを丁寧な女性スタッフが解決に導いてくれます。
債権者数が少なくても対応してくれ、減額報酬もないのも魅力です。
女性の依頼者を意識した対応をしてくれるのがアヴァンス法務事務所の大きな特徴です。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 大阪府大阪市中央区北浜(北浜駅)

 

板垣法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>
板垣法律事務所は借金返済に関する悩みを無料で相談することができます。

相談は電話や直接事務所に出向いてしてもよいのですが、メールでも受け付けているのでいつでも好きな時に相談できるようになっています。
お仕事の関係などでなかなか時間が取れないという方にメール相談は最適です。
債務整理の相談や依頼においては秘密厳守が徹底されていますから家族などに知られる心配がありませんし、金融機関による督促も依頼した時点ですぐにストップします。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 埼玉県三郷市早稲田(三郷駅)

 

はたの法務事務所 <司法書士・無料メール相談あり>

はたの法務事務所は、各種相談の中で特に債務整理や過払い金など借金問題で強みがある事務所で、これまでの受任件数は8千件以上と高い実績を誇ります。
事務所の特長としてまず挙げられるのは、債務整理の相談は無料で手持ちのお金が無くてもすぐに金融業者からの督促を停止できる点が挙げられます。
また債務整理の費用については分割払いができますので申し込みにあたり負担が小さく、年中無休24時間メール相談を受付している点も大きな特長です。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都杉並区荻窪(荻窪駅)

 

アース司法書士事務所 <司法書士・無料メール相談あり>
アース司法書士事務所はいつでも好きな時に安心して債務整理について相談できます。

基本的な営業日は平日の午前9時30分〜午後6時までとなっているのですが、事前に予約をしておけば夜間や土曜日でも相談できるため平日は時間が取れないという方でも気軽に相談可能です。
もちろん債務整理の相談は無料で、電話、メールの両方に対応しており、依頼した場合の料金も非常にシンプルでわかりやすくなっていますので面倒がまったくありません。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 大阪府大阪市北区紅梅町(大阪天満宮駅)

 

北法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>
北法律事務所の特徴は普通の人には難しい法律専門用語をわかりやすく、親身になって対応する心にあります。

刑事事件を数多く取り扱ってきた法律事務所で幅広い案件に対応できる法律事務所としても知られています。
あなたの抱えている悩みを一緒に乗り越え、1日も早い生活への建て直しを図る……
これが北法律事務所の大きな特徴です。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都港区西新橋(新橋駅)

 

おおぞら司法書士事務所 <司法書士・無料メール相談あり>
おおぞら司法書士事務所は司法書士が複数名在籍していて債務整理、過払い金請求、自己破産、個人再生の無料相談も行っています。

もちろん日曜祝日も対応していて、相談料は無料です。
おおぞら司法書士事務所はいろいろな士業の方とつながって連動的にサポートしてくれる法律事務所です。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 大阪府大阪市北区西天満(北新地駅)

 

しろき法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>
しろき法律事務所では債務整理を手伝ってくれる事務所です。

依頼時にも直接弁護士の方が対応してくれますし、一般的な依頼では弁護費用なども提示してくれる所もポイントです。
しろき法律事務所のモットーを掲げて活動している事務所です。

 


相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都千代田区九段北(九段下駅)

 

クレアティオ法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>
クレアティオ法律事務所の債務整理対応はただ自己破産を勧めるのではなく1人1人の状況に合わせた最適な解決策を考えてくれます。

自己破産をできる限り避けることで債務整理をして資産を失ってしまうことを防ぎ、誰もが納得いく形での解決を目指しています。
債務整理に強い弁護士が対応してくれ、メールでの相談は全国どこからでも24時間無料で受け付けているのでいつでもすぐに専門家に相談が可能です。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都千代田区麹町(麹町駅)

 

弁護士法人村岡総合法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>
弁護士法人村岡総合法律事務所では債務整理に関する相談を無料で受け付けています。

債務整理に強い弁護士が在籍しており、過去に多数の実績があることも特徴で、相談費用だけでなく着手金も無料、日本全国からの相談を24時間365日受け付けているためいつでもどこでも気軽に相談ができます。
さらに女性専用ダイヤルの設置されており女性でも相談しやすい環境を整えています。事務所も駅から1分という好立地にあるため実際に事務所に訪問する時も経済的な負担がかかりません。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都港区虎ノ門(神谷町駅)

 

ジャパンネット法務事務所 <司法書士・無料メール相談あり>
ジャパンネット法務事務所は多重債務や任意整理など普通の人にはよく分からない債務整理専門の法律事務所として活動しています。

高い専門知識と実績で多くの債務整理を行っていて、金融業者のスタッフや債務整理経験の方も在籍していて累積の実施件数も圧倒的に多いのも特長です。
日本全国に対応している点も良いですね。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都渋谷区道玄坂(渋谷駅)

 

東京みなと総合法律事務所 <弁護士・無料メール相談あり>
借金問題のトラブルは早い相談が解決の鍵に繋がります。

よくないのは、借金問題を1人で抱え、悩んでしまうことです。
まずは、1人で悩むのを止め、気軽な気持ちで弁護士事務所に相談に行きましょう。
初期費用ゼロ、全尾国対応、24時間無料で相談に乗れる。
そんな債務整理解決の法律事務所があります。
それが東京みなと総合法律事務所の特徴です。
借金問題解決を得意をする弁護士があなたの借金問題を一緒になって悩み、解決への糸口を捜していきます。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 東京都港区虎ノ門(神谷町駅)

 

STS法務司法書士法人 <司法書士・無料メール相談あり>
STS法務司法書士法人は債務整理や過払い金などを始めとする各種相談を受付けしている司法書士法人です。

借金問題を抱えている際には債務整理が必要になるため、一般的な相談先としては弁護士を考える所ですが、司法書士もまた身近な法律相談や債務整理の依頼を行える街の法律家として頼る事ができます。
STSでは任意整理・自己破産・個人再生・過払い金など4つの債務整理を代行してくれます。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理、個人再生、自己破産
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 宮城県仙台市青葉区本町(仙台駅)

 

司法書士エストリーガルオフィス <司法書士・無料メール相談あり>
司法書士エストリーガルオフィスでは相談料無料で債務整理についての相談が可能で、依頼費用の分割払い、後払いも可能、さらに最短で即日着手と利用する側にとって非常に助かるメリットがあります。

問い合わせや相談は何度でも無料なため満足できるまでじっくり相談できますし、メールでの相談ができない、面倒という場合は電話での相談も受け付けています。
債務整理をする場合は任意整理、自己破産、個人再生の3つから選ぶことになるのですが専門家の視点から最適な方法をアドバイスしてくれます。

 

相談料金 相談方法 相談可能内容
無料 初回メール相談 過払い金、任意整理
相談・受任対応地域 営業日 所在地
全国対応 24時間365日営業 大阪府大阪市北区豊崎(中津駅)

 

債務整理とは

借金の返済のために借金を重ねる状態を「多重債務」といいますが,このように,借金の返済に無理がある状況であるならば,早急に債務整理を行う必要があります。

 

債務整理とは,借金の減額,免除又は支払の猶予を目的として,利息制限法や,手続についての法律(破産法等)を使って,債務の整理をして,債務者の経済生活を立て直していく手続のことで,@任意整理,A破産手続,B個人再生手続,C特定調停の4つの方法があります。

 

任意整理は,弁護士又は司法書士が,金融業者(貸金業者)などの貸主に対して,直接,金利の減免,債務の分割払等の交渉をする手続です。任意整理以外の手続は,裁判所で行われます。

 

どの方法が良いかは,債務者の置かれた具体的な状況によって異なります。詳しくは,弁護士や司法書士等の専門家に相談するとよいでしょう。

 

任意整理とは

任意整理とは,裁判所に申し立てずに,借りた本人と金融会社が個別に返済計画の交渉をして行う債務整理の方法の一つで,裁判所などの公的機関を利用せず,当事者が私的に話し合いをして,借金を整理する手続です。 債務総額が比較的少額で,引き直し計算により債務の減額が見込まれる場合,任意整理手続が適しているとされます。相談から返済計画の合意までは,概ね2〜4か月程度であることが多いです。

 

任意整理をした場合のメリットとして,@自己破産のような各種の資格制限がない点や,A当事者間の話し合いによるため,柔軟な返済計画を組むことが可能である点が挙げられます。しかし,デメリットとして,@債権者には,この話し合いに応じる義務がないという点が挙げられます。そのため,これで解決するか否かは,交渉に当たった者の腕次第となるでしょう。また,A弁護士又は司法書士が債権者ごとに個別の交渉を要する点が挙げられます。他方,特定調停の場合には,裁判所で調停委員を介して交渉することができ,一度に複数の債権者と交渉し,和解をすることもできます。

 

個人再生とは

個人再生手続とは,借金の減額を裁判所に申立てて,認められれば少なくなった金額を分割払いする制度で,債務者を破産させることなく,経済的再生を図ることを目的とした手続です。借金をしている貸金業者の数や額が多く,債務者が給与等の定期的な収入を得ている場合に適した手続です。裁判所を通じて債務の総額を減らし,残額を分割返済していくことになります。相談から返済計画案の認可まで,概ね1年程度かかることが多いようです。

 

個人再生手続のメリットとしては,@裁判所を通じて手続きを行うため,当事者間での話し合いによる解決が難しい場合でも債務整理が可能となる点や,A給与の差押え等を止められる点が挙げられます。ただし,デメリットとして,@利用できる者に制限がある点や,A他の手続と比べて複雑な手続であるため費用と時間がかかる点,B官報に氏名や住所が記載されてしまう点が,挙げられるでしょう。

 

こうした大掛かりな手続を行うと,住宅を失ってしまうのではないかと不安になる方がいらっしゃるかもしれません。しかし,個人再生手続の住宅ローン特則を利用して,住宅ローンの残っている住宅を残しながら債務整理できる制度もあります。住宅ローン特則が利用できるのは,住宅ローンで建設または購入等した自宅土地建物であり,現実に居住している場合であって,住宅ローン債権者以外の債権者のための抵当権が設定されていないときに限られます。住宅ローン特則を利用した場合には,住宅ローンの期限の利益を回復したり,弁済期間を伸長したりすることにより,住宅ローンの弁済方法をリスケージュールすることが可能となります。また,住宅に設定されている抵当権の競売が開始されている場合でも,競売手続を中止することが可能となります。

 

自己破産とは

自己破産とは,裁判所を通じて債務の支払いを免責してもらう手続です。返済の見込みがない場合に行うことが想定されている手続きで,相談から破産手続きの終了まで,概ね2か月から半年程度かかることが多いようです。

 

自己破産のメリットとしては,@免責が裁判所によって許可されれば,早期に借金から解放される点や,A給与の差押え等が止められる点が,挙げられます。他方,デメリットとして,@最低限の生活資材を除き,住宅等の財産を失う点や,A官報に氏名や住所が記載される点,B免責が許可されるまで一定の職業につけない等の制約がある点が,挙げられます。また,Cそもそも破産原因によっては免責されない場合もある点も,注意が必要です。

 

よく,「戸籍や住民票に破産の記録が記載される」などという誤情報が,インターネットなどで見かけますが,そのようなことはありません。また,自己破産すると,自分や家族の結婚や就職に影響があるとの情報がありますが,そのようなこともありません。戸籍や住民票に,破産した情報が記載されることはありませんが,本籍地で取得する「身分証明書」(破産者でないことの証明)には,一定期間破産者として記載されます。これらの書類は,一般の人が取得したり,閲覧したりすることができないために,そもそも就職先や結婚相手に知られることは少ないでしょう。仮に,就職先や結婚相手が破産の事実を知った場合に,それをどのように考えるかは,法的な問題ではなく,個々人の意識の問題と考えられます。自己破産しても,自分や家族の結婚や就職に影響が出ることはまずないと考えられます。破産手続をとった本人は,破産手続開始決定から免責許可決定の確定まで(通常数ヶ月の間),破産者として一定の職業につくことができませんので,その限りにおいて影響があるといえなくはありませんが,その後への影響はありません。家族は破産者本人とは別個の人間ですから,そもそも全く影響ありません。保険勧誘員や警備員など,破産者である期間(破産手続開始決定から免責許可決定の確定まで)に就くことができない仕事については,就職する際に破産者でないことの確認のために,先ほど説明した「身分証明書」の提出を求められますので,その期間が経過するまでは,その仕事に就けないという制約があります。

 

まとめ

債務整理をして生活を立て直すのと,破産をせずに債務を負ったままでいることのどちらを選択するかという,本人の問題でもあります。しかし,借金のことで思い悩む生活に苦痛を感じるようであれば,お近くの法律事務所や法テラスに相談に行くことをお勧めします。上記内容はあくまで一般論であり,どの方法が良いかは,債務者の置かれた具体的な状況によって異なります。詳しくは,弁護士に相談するとよいでしょう。費用等の相談に乗ってくれることもありますし,国が補助をしてくれることもあります。

 

 

どの段階で債務整理を考えるべきか?

 

毎月の収入と借金額にもよりますが、早い段階で債務整理を考えた方が選択肢が増えるということです。
借金総額が数十万円の場合は債務整理をするメリットはありません。
仮に100万円の借金で任意整理をした場合、金利が18%→0%になり、毎月の金利15,000円がかからなくなります。
もし完済までに何年もかかるとしたら金利はいったいいくらになるのでしょうか?かなり高額になるはずです。
しかし、任意整理後は元金100万円のみを3年から5年で完済すればよいことになります。
但し、3年になるか5年になるかは交渉次第になるため弁護士や司法書士の手腕によります。
債務整理後に決定した金額は変更できませんので最悪のケースを考え、3年での返済額を毎月捻出できるかを事前に考えましょう。
また、債務整理開始後にやっぱりやめたということは出来ず、その場合は一括返済が必要になります。
もちろんそうなれば自己破産という流れになります。

 

借金総額100万円の場合(任意整理後)

3年の場合=毎月の返済額27,778円
5年の場合=毎月の返済額16,667円

 

借金総額150万円の場合(任意整理後)

3年の場合=毎月の返済額41,667円
5年の場合=毎月の返済額25,000円

 

借金総額200万円の場合(任意整理後)

3年の場合=毎月の返済額55,555円
5年の場合=毎月の返済額33,333円

 

借金総額250万円の場合(任意整理後)

3年の場合=毎月の返済額55,555円
5年の場合=毎月の返済額33,333円

 

借金総額250万円の場合(任意整理後)

3年の場合=毎月の返済額69,444円
5年の場合=毎月の返済額41,667円

 

借金総額300万円の場合(任意整理後)

3年の場合=毎月の返済額83,333円
5年の場合=毎月の返済額50,000円

 

仮に任意整理しても毎月の返済額が捻出できないという方は自己破産しかありません。
よく自己破産だけは避けて無理やり任意整理をさせる方がいますが、返済途中で毎月の返済額が捻出できなくなり、その時点で自己破産になっている方が多いというのが実情です。
3年から5年間は思ったより長いですから、病気・事故・けがなどで急な出費が必要になることもあります。しかし、2回以上返済が1日でも遅れると一括返済できる契約になっていますので自動的に自己破産しか選択肢がなくなります。
であれば初めから自己破産した方が返済の必要がないわけですから立て直しが早い
仮に200万円の借金で任意整理した場合、3年から5年後にようやくプラスマイナス0になりますが、もし自己破産をした場合は3年から5年後にはプラス200万円になるということです。この差はかなり大きいと言えます。
自己破産と任意整理だと自己破産の方が悪いイメージがあります。しかし、実態としてはどちらも同じです。
任意整理だから得をすることもありませんし、自己破産だから損をすることもありません。
自己破産の知識不足による本人や家族、そして周りの人の意見に流されているだけなのです。
弁護士や司法書士からすると、自己破産できるなら任意整理より自己破産の方がいいのにと思ってしまうことはよくあることのようです。

 

ぶっちゃけ債務整理は得か損か?

正直、人それぞれ債務整理の損得の分岐点が異なります。
仮に100万円の借金がある場合、年間の金利が18万円になります。
そして、弁護士・司法書士の任意整理費用の相場が1金融業者あたり2〜5万円だとします。
もし、あなたの借入先が少なければ任意整理をした方が年間を通して考えれば得といえます。
しかし、債務整理にはデメリットがあるため、一概に損得勘定だけで判断してはいけません。
そこでおすすめとしては、ひとまず弁護士・司法書士へ無料メール相談を行い、第三者の様々な意見を聞いてください。
そして、実際に債務整理をするベストなタイミングは、返済が近い将来厳しくなる、または既に厳しい状態になった段階がよいと思います。

 

あなたは債務整理の相談が有料だと思っていませんか?

 

無料で相談にのってくれることころや、支払方法を分割にしてくれたり後払いにしてくれたり相談に応じてくれる弁護士・司法書士もいます。

 

個人情報の厳守なども徹底されているので周りにばれる心配がありません。

 

債務整理をすることで得られること、借金を減らすことはもちろん、精神的な負担を減らすことが出来ます。ついつい使いすぎてしまったクレジットカードのお支払い。滞納から半年間が限界だとされています。滞納して差し押さえになってしまうと分割していたリボ払いなども一括で支払うようになります。でもそんなお金ありませんよね。

 

自分で何とかしないといけないと思い毎日ストレスやプレッシャーをかかえてしまっていませんか?自殺の原因として多いのは借金に関係するトラブルだとされています。

 

借金トラブルは返済する力がないのであれば無理に返済する必要はありません。また貸す側もそれを知っています。

 

よく勘違いしやすいのが債務整理を自己破産と思っていて誰にも相談できないパターンです。それでは何も解決しません。勇気をもって弁護士・司法書士に相談してみましょう。確実に債務を減らせること間違いないでしょう。

 

債務整理・過払い金の無料メール相談先はこちら

 

任意整理よりも自己破産の方がメリットが大きく、デメリットは変わらない?

弁護士や司法書士の立場からすれば、どう考えても自己破産できるなら自己破産した方がよいと思うことがあるようです。
任意整理の場合、将来的な金利はなくなっても元金を3年〜5年で完済を目指すことになります。したがって、あなたが通常の生活に戻れるのは3年〜5年先ということです。
しかし自己破産の場合はどうでしょうか?弁護士や司法書士に依頼した段階で返済も不要になります。
でも自己破産するとデメリットが大きいのでは?と思われますが実は任意整理と大差ありません。
違いとしては、官報に名前が掲載されるという点です。ちなみに官報と聞いてなんだか分かりますか?また、見たことはありますか?ないですよね。安心してください、誰も知りませんから。
よくある間違いとして住民票に載る、戸籍に載るという勘違いがあります。
そう考えると、任意整理するぐらいなら自己破産しても社会的には大差ないのです。

 

自己破産よりも任意整理や個人民事再生を選んだほうが良いケースの人は以下になります。
それ以外の方は自己破産の方が早く通常の生活に戻れるのではないかと思います。
@持ち家があるケース
A抵当権が設定されているケース
B連帯保証人がついているケース
C総額100万以下の借金(自己破産出来ない)
Dギャンブルによる借金(自己破産出来ない)
E過払い金があり相当減額されるケース

個人民事再生によくある勘違い

個人民事再生を行えば住宅ローンそのものを減額できると勘違いされている方が多くいます。あくまで個人民事再生の目的は住宅ローン以外の借金を1/5まで減額して、その分住宅ローンの返済をしやすくするという手続きです。ですから、住宅ローンしか借金がなく、毎月の住宅ローン返済が苦しいという方はそもそも個人民事再生は行えません。

 

個人民事再生は住宅ローンがない場合でも、借金そのものを1/5まで減額することができます。任意整理や自己破産と違ってギャンブルや浪費など借金の理由理由を問われないのが特徴になります。そう聞くと、任意整理するよりも個人民事再生の方が断然お得だとお思うことでしょう。しかし、なぜ個人民事再生ではなく任意整理の方がメジャーなのでしょうか?

 

その理由は、個人民事再生は弁護士や司法書士の代行費用のほかに裁判所に収める費用が高額なのです。弁護士費用も含めて総額で50万円〜70万円かかります。そのため、そもそも借金額が低い方は個人民事再生を行ってもあまり得しないのです。

 

また、個人民事再生は裁判所の手続きの中では非常に手間がかかるため、実は弁護士や司法書士がやりたくないという裏事情もあります。さらに、個人民事再生や自己破産は手続きを行うと弁護士や司法書士の費用も減額や免責の対象になります。ということは、依頼者が全額費用を払わない限り手続きは一切行わず、受任通知のみを送って支払いを止めておくだけに過ぎません。こういう事情もあり、支払い能力がない依頼者には個人民事再生や自己破産を勧めることはないのです。

犯罪を犯していると法律家も助けてくれない?

本人は犯罪の意識がなくても実は犯罪を犯しているまたは加担しているケースがあります。
借金問題で多い犯罪が、

 

@クレジットカードの現金化
Aつくり源泉徴収書、つくり収入証明書

 

まず、クレジットカードの現金化はクレジットカード会社への詐欺にあたる可能性があります。
なぜなら、返済する能力がないことを知っていながら高額商品を追加購入しているからです。
このクレジットの現金化には換金率が非常に悪いが現金化する業者と、クレジットの現金化ができるようにクレジットカードのブラックリストを解除するためにお金が必要だと詐欺られるケースがあります。
どちらにしてもクレジットカードの現金化を行っている場合は必ず法律家に打ち明けましょう。
知っていれば助けられるものも、助けられなくなってしまいます。

 

次に「つくり源泉徴収書」「つくり収入証明書」とはキャッシングやローンを組みやすくするため偽の書類を偽造する行為です。
「つくり源泉徴収書」「つくり収入証明書」は住宅ローンを組む際に悪質な不動産会社が勧めることがあります。
とくに個人事業主や零細企業の経営者の場合、お金はあるが社会的信用がないためにこういった危ない橋を渡っている方がいます。
返済できているうちは詐欺として発覚しずらいのですが、いざ返済が滞ると発覚し易くなります。
なぜなら不信に思った金融機関が書類の裏を取ったらわかってしまうからです。
もちろん「つくり源泉徴収書」「つくり収入証明書」は証拠書類として金融機関に残りますから言い逃れはできません。
この辺りのことに心当たりのある方は必ず法律家に伝えておきましょう。

 

 

家族にバレないように債務整理することはできるのか?

結論から申し上げますと、債務整理の中でも「任意整理」のみ可能です。
理由は簡単で、任意整理は唯一、裁判所を通さない手続きだからです。
逆に裁判所を通す「特定調停」「個人再生」「自己破産」は書類が自宅に郵送されてきますし電話も自宅へかかってきます。
ですから、同居している家族がいれば当然バレてしいます。
いつ何時郵送物が自宅へ届くかわかりませんし、電話がかかってくるかわかりませんので防ぎようがありません。
では、裁判所へ事前にお願いして防ぐことはできないのでしょうか?
この点裁判所はお役所ですから、一個人のお願いごとなどいちいち聞いてくれるはずがないことはわかりますよね。

 

しかし、任意整理は裁判所を通さないため依頼する弁護士や司法書士次第ということになります。
必ずしも任意整理だから家族にバレないわけではなく、家族にバレないように任意整理してくれる弁護士や司法書士に依頼する必要があります。当然、弁護士や司法書士からすればひと手間増える訳ですからその分費用を請求されてもおかしくありません。

 

債務整理・過払い金の無料メール相談先はこちら

 

ホーム RSS購読 サイトマップ