中途半端に債務整理するなら自己破産の方がいい

中途半端に債務整理するなら自己破産の方がいい

債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産といった方法があります。
最近ではここに過払い金請求などを加えるという考え方もあるようです。
ここで問題になるのが、債務整理をするのならどの方法を選択するのかという話です。
4つの方法の内、3つは借金の圧縮、つまりは棒引きをしてもらう形になります。
残った1つ、自己破産のみが借金そのものをなくすことができるので覚えておいてください。

 

ここでどの債務整理を選ぶかですが、中途半端に債務整理をするくらいなら自己破産をした方が良いという考え方があります。
自己破産とそれ以外の債務整理の違いは上でも触れたように、借金がなくなるか、棒引きになるのかの違いです。
特定調停、任意整理、個人再生という順に借金を減らすことができるのですが、その分返済は決められた通りにきちんと行わなくてはいけません。
基本としては3年以内に完済することを目指して、借金の減額が行われるのですが、この返済に遅れてしまうと、取り決めが無効になってしまうのです。

 

債務整理相談はこちら

 

具体的には2回以上の遅延をしてしまうと、借金の棒引きそのものがなくなってしまうので、そうなると返済できなくなるという可能性が高いでしょう。
結果的に自己破産をしてしまう人も多くなるので、それなら最初から自己破産を選択するのも1つの方法です。
実際にデータとして見ると、債務整理を行ったのは良いものの、立てられた返済計画通りに完済できる人は、半分以下というものがあります。
それだけ債務整理を行っても完済するのは、難しいことだと言えるのです。

 

では、自己破産ならどうなるのかという話を考えてみます。
自己破産もまた債務整理の1つなのですが、他の方法とは異なるものです。
借金をなくすことができる反面で、自分に資産がある場合はそれらを手放さなくてはいけません。
例えば、持ち家や車などが該当します。
反対のことを言えば、これらの資産を持っていない人からすると、自己破産のハードルは低くなると考えて良いでしょう。
ただし、自己破産は誰でも適用してもらえるものではありません。
ギャンブルや浪費が原因で作った借金については、免責となりませんので、その分はなくなったりしないのです。
純粋に生活苦などで借金を重ねてしまったというようなケースでは問題ありませんが、自己破産は何でもできるとは思わないようにしてください。
債務整理をするにしても弁護士など法律事務所に依頼する人がほとんどです。
無料で手続きをしてもらえる訳ではなく、有料になるので、債務整理をするのなら初めから自己破産をすることも視野に入れておくべきでしょう。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ