債務整理期間

債務整理期間

4つの債務整理期間は以下の通りです。

 

任意整理期間

任意整理を弁護士や司法書士に依頼したその日から、最短で約3カ月〜半年間が一般的です。
任意整理の場合、依頼したその日から任意整理手続きが完了するまで返済が一時的にストップします。
その為、急いで任意整理手続きを進めてもらう必要はありません。なぜなら返済が一時的にストップしている期間が長ければ長いほど生活の立て直しが容易になります。むしろゆっくり任意整理手続きを進めてもらいましょう。(返済が一時的にストップしている期間は金利が発生します。返済能力がある方や早く完済を目指されたい方は早めに任意整理手続きを進めてもらいましょう。但し、個人的には金利を今更考えるよりも返済が一時的にストップしている期間を極力延ばしてもらい、その間に少しでもお金を貯蓄しておくとよいでしょう。)

 

債務整理相談はこちら

 

特定調停期間

特定調停を弁護士や司法書士に依頼したその日から約3カ月間です。
ご自身で特定調停の申し立てを行う場合、特定調停の申し立てを簡易裁判所が受理したその日から約3カ月間です。

ご自身で特定調停を行う場合、書類に不備があり簡易裁判所で受理してもらえない間は返済が一時的にストップしません。

いずれの場合も任意整理のように長期間返済を一時的にストップさせることができないため、任意整理よりも生活の立て直しが難しくなります。
また、特定調停は調停員の当たり外れもあり、返済期間は短くなるものの毎月の返済額が今より増えてしまうケースも多々あります。

個人的には特定調停をするぐらいなら任意整理をお薦めします。

 

個人民事再生期間

個人民事再生を弁護士や司法書士に依頼したその日から約半年〜1年が一般的です。
任意整理よりも返済が一時的にストップしている期間が更に長いため、生活の立て直しが非常に容易です。

 

自己破産期間

自己破産を弁護士や司法書士に依頼したその日から約半年〜1年が一般的です。
任意整理よりも返済が一時的にストップしている期間が更に長いため、生活の立て直しが非常に容易です。
自己破産後、免責されれば返済の必要がなくなるため、実質的には弁護士や司法書士に依頼したその日から返済の必要がなくなります。

 

債務整理相談はこちら

 

ホーム RSS購読 サイトマップ