債務整理とは?/債務整理の無料相談を徹底比較

債務整理とは

借金の返済のために借金を重ねる状態を「多重債務」といいますが,このように,借金の返済に無理がある状況であるならば,早急に債務整理を行う必要があります。

 

債務整理とは,借金の減額,免除又は支払の猶予を目的として,利息制限法や,手続についての法律(破産法等)を使って,債務の整理をして,債務者の経済生活を立て直していく手続のことで,@任意整理 A自己破産 B個人民事再生 C特定調停の4つの方法があります。

 

任意整理は,弁護士又は司法書士が,金融業者(貸金業者)などの貸主に対して,直接,金利の減免,債務の分割払等の交渉をする手続きです。

 

任意整理以外の手続は,裁判所で行われます。

 

どの方法が良いかは,状況によって異なります。詳しくは,弁護士や司法書士等の専門家に相談するとよいでしょう。

 

よく,弁護士費用等の支払いに躊躇して,手続きを自分でできないかと考える方がいらっしゃいます。たしかに,法律のルールの上では,自分でもできることになっています。しかし,これは現実的にとても難しく,専門家にお金を払ってやってもらったほうが,結果的に得になるケースのほうが多いといえます。

 

債務整理相談はこちら

 

理由としては,以下の4点が挙げられます。

 

第1に,任意整理の場合,債権者や貸金業者と自分自身で交渉せねばならない点です。
弁護士は,どういう交渉をすれば貸金業者が任意整理に応じてくれるのかの専門知識と,多数の事件を扱った経験に裏付けられたノウハウを持っています。さらに,あなたの置かれた状況を,第三者の視点から客観的に分析したうえで,交渉に臨んでくれます。そのため,上手に第三者として交渉を進めるのです。

 

第2に,自分で手続きを進める場合,手続中も取り立てがずっと停止しない点です。
弁護士に依頼した場合には,依頼したらすぐに受任通知が弁護士から債権者に届きます。これを受けると,債権者は直接の取り立てを行うことができなくなります。しかし,自分で債務整理をしようとした場合には,取り立てが停止するわけではないので,返済をしながら交渉を進めなければいけません。これが大きな負担となります。

 

第3に,特定調停,自己破産,個人民事再生の場合,債権者に取引経過の開示を求める必要がある点です。
これらの開示を求めて,裁判所に提出する複雑な書類を作成しなければなりません。これを債務者本人が行うことも,債権者が必ず応じてくれるかも怪しいことから,ハードルが高い理由と言えるでしょう。

 

第4に,提出書類の上手な書き方についてのノウハウがなければ,免責が不許可になることもある点です。
自己破産や個人民事再生などは裁判所に多くの書類を提出する必要があります。弁護士などの専門家は,何を,どう書けばいいのかの専門知識とノウハウを保有していますが,個人ではそれもやはり難しい状況になります。書類の不備が原因で免責が下りないことも考えられるのです。

 

それでも,弁護士に依頼するための費用がないという方には,法律扶助制度があります。
法律扶助制度とは,自分では弁護士や司法書士の報酬や裁判の費用を支払うことが困難な方のために,公的な資金で援助を行う制度のことです。法律扶助制度を利用するには,資力等について厳しい要件を満たす必要がありますが,うまくいけば,債務整理を簡単にすることもできそうです。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ