任意整理とは?/債務整理の無料相談を徹底比較

任意整理とは

任意整理とは,裁判所などの公的機関を利用せず,当事者が私的に話し合いをして借金を整理する手続きです。 債務総額が比較的少額で,引き直し計算により債務の減額が見込まれる場合,任意整理手続きが適しているとされます。相談から返済計画の合意までは,概ね3〜6か月程度であることが多いです。

 

弁護士や認定司法書士等に依頼して,貸金業者に通知を出すとともに,取引履歴の開示を求め,利息制限法所定の利率で計算し直した残元金を3〜5年程度の期間で分割返済する内容で合意するケースが多いようです。弁護士は,どういう交渉をすれば貸金業者が任意整理に応じてくれるのかの専門知識と,多数の事件を扱った経験に裏付けられたノウハウも持っています。さらに,あなたの置かれた状況を,第三者の視点から客観的に分析したうえで,交渉に臨んでくれます。そのため,多少の費用を弁護士や認定司法書士に支払ってでも依頼したほうが,トータルで見ればもっともお得に手続きを進められるケースが多いといえます。また,弁護士や認定司法書士に依頼した場合には,依頼したらすぐに受任通知が弁護士や認定司法書士から債権者に届き,支払いの催促がすぐに止まるため,大きな負担軽減となります。

 

債務整理相談はこちら

 

任意整理をした場合でも,自己破産のような資格制限がない点や,当事者間の話し合いによるため,柔軟な返済計画を組むことが可能である点が,債務者にはメリットとも言えます。しかし,債権者には,この話し合いに応じる義務がなく,これで解決するか否かは,交渉に当たった者の腕次第となるでしょう。

 

特定調停と任意整理は,いずれも,貸金業者との交渉により,返済総額の減額,返済期間の延長などを目的とする手続きですが,特定調停は裁判所を利用して行う手続きで,任意整理は裁判所を利用しない手続きです。

 

任意整理は,弁護士又は認定司法書士が債権者ごとに個別に交渉します。他方,特定調停の場合には,裁判所で調停委員を介して交渉することができます。また,一度に複数の債権者と交渉し,和解をすることもできます。

 

特定調停の場合は,裁判所の職員の説明を受けながら,本人で申し立てることもできます。特定調停の場合は,債権者が強制執行の申し立てをしている場合や担保権を実行している場合でも,裁判所に対し,それらの手続の執行を停止する旨を申し立てて,手続を停止させることができる場合があります。

 

どちらの手続をとるべきかについては,弁護士や認定司法書士等の専門家に相談するとよいでしょう。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ