自己破産とは?/債務整理の無料相談を徹底比較

自己破産とは

自己破産とは,裁判所を通じて債務の支払いを免責してもらう手続です。

 

返済の見込みがない場合に行うことが想定されている手続きで,相談から破産手続きの終了まで,概ね1年程度かかることが多いようです。

 

免責が裁判所によって許可されれば,早期に借金から解放される点や,給与の差押え等が止められる点がメリットであるといえます。他方,最低限の生活資材を除き,住宅等の財産を失う点や,官報に氏名や住所が記載される点,免責が許可されるまで一定の職業につけない等の制約がある点がデメリットであるといえます。また,そもそも破産原因によっては免責されない場合もあるため,注意が必要です。

 

よく,「戸籍や住民票に破産の記録が記載される」などという誤情報が,インターネットなどで見かけますが,そのようなことは一切ありません。また,自己破産すると,自分や家族の結婚や就職に影響があるとの情報がありますが,そのようなこともありません。

 

債務整理相談はこちら

 

戸籍や住民票に,破産した情報が記載されることはありませんが,本籍地で取得する「身分証明書」(破産者でないことの証明)には,一定期間破産者として記載されます。これらの書類は,一般の人が取得したり,閲覧したりすることができないために,そもそも就職先や結婚相手に知られることは少ないでしょう。仮に,就職先や結婚相手が破産の事実を知った場合に,それをどのように考えるかは法的な問題ではなく,個々人の意識の問題と考えられます。自己破産しても,自分や家族の結婚や就職に影響が出ることはまずないと考えられます。

 

破産手続をとった本人は,破産手続開始決定から免責許可決定の確定まで(通常数ヶ月の間),破産者として一定の職業につくことができませんので,その限りにおいて影響があるといえなくはありませんが,その後の影響はありません。家族は破産者本人とは別個の人間ですから,そもそも全く影響ありません。

 

保険勧誘員や警備員など,破産者である期間(破産手続開始決定から免責許可決定の確定まで)に就くことができない仕事については,就職する際に破産者でないことの確認のために,先ほど説明した「身分証明書」の提出を求められますので,その期間が経過するまでは,その仕事に就けないという制約があります。

 

自己破産をして生活を立て直すのと,自己破産をせずに債務を負ったままでいることのどちらを選択するかという本人の問題でもあります。しかし,借金のことで思い悩む生活に苦痛を感じるようであれば,お近くの法律事務所に相談に行くことをお勧めします。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ