特定調停とは?/債務整理の無料相談を徹底比較

特定調停とは

特定調停とは,簡易裁判所で,調停委員を間に入れて業者と返済計画の立て直しを話合い,債務の弁済ができなくなるおそれのある債務者の経済的更正を図るための調停手続きです。

 

借金をしている貸金業者の数が少ない場合で,引き直し計算で債務の減額が見込まれる場合に,適しているとされています。相談から返済計画の合意まで,概ね2〜3か月程度で終わることが多いようです。

 

裁判所の指定する調停委員のもとで,債権者と債務者が話合いをし,債務の削減,分割払い等について合意ができれば,調書に記載されます。特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律により,民事調停法の特例として手続きが定められています。特定調停は,簡易裁判所において行われます。

 

債務整理相談はこちら

 

裁判所に選任された調停委員が仲介するので,公平な結論が期待できる点や,法律専門家に頼まず,裁判所に直接行って行うこととなるので,手続費用を抑えることができる点がメリットです。1社あたりの申立費用(印紙代+切手代)は,500円〜1,000円程度です。弁護士,司法書士に依頼することもできますが,その場合は,別途代行費用がかかります。予納する切手代と申立書に貼る印紙については,各裁判所によって取扱いが異なりますので,事前に各裁判所に確認してください。

 

また,返済計画には強制力があるため,給与の差押え等も止めることができます。債務者の財産について強制執行がなされているときでも,特定調停を申し立てるのと同時に,裁判所に対して強制執行を停止するように申し立て,簡易裁判所の決定を得ることにより,強制執行を停止できる場合もあるということです。他方,特定調停で成立した合意は,調停を行った相手との間でしか効力を持ちません。したがって,借金をしているすべての貸金業者の合意を得る必要があり,調停に参加していない債権者に対する債務については,別途交渉する必要があります。また,返済計画に強制力があるため,返済が滞ると直ちに給与等を差し押さえられてしまう点もデメリットです。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ