県民性と自己破産

県民性と自己破産

自己破産者の比率が高いのは九州・西日本

司法統計で自己破産の件数が多い都道府県を見てみると,東京の自己破産件数が飛び抜けています。しかし,これは単に人口が多いからという理由です。

 

人口比率を考慮に入れて、人口10万人当たりで自己破産をする人を比較してみると,そのトップは大分県となります。さらに2位は宮崎県、3位は福岡県と、トップ3を九州勢が占めているわけです。4位には高知県と四国勢が食い込みますが、5位は長崎県、6位は熊本県、7位は佐賀県と,九州勢は鹿児島県を除き上位を独占しています。

 

その他にもトップ10は西日本の地域で占められており、比率からいえば,自己破産者は西日本に多いということがわかります。しかも,その数は全国平均の約2倍だというから,驚きです。

 

九州で自己破産が多い理由は?(景気、県民性)

自己破産者の比率がここまで偏るのは、何か特別な理由があるのでしょうか。

 

まず,簡単な理由から考えると、九州地方は全体的に所得が低いという点があります。所得や賃金は地方によって、結構大きな格差があるのが現実で、九州の賃金は,関東や東海に比べて,低いのが現状です。かといって物価が特別安いかといえばそうでもなく、福岡市内や北九州市内辺りでは、その物価は首都圏と比べても、それほど変わりはありません。

 

しかし、所得だけで見ると北海道や東北とそう変わりは無いはずです。そう考えると、九州の庶民は所得が低いわりに消費意欲が旺盛で、貯蓄もあまりせずに安易に借金に走りやすい傾向があるとでもいうのでしょうか。

 

ここで、九州地方の県民性というものはどのようなものでしょうか。
一般的に言われている九州人の特徴というと、大雑把で無計画,ギャンブル好き,酒好き,ラテン系,貯蓄率が低い,宵越しの金は持たない,といったネガティブなモノがよく聞かれます。こうした特徴が仮に本当であるとすれば、九州人は計画的に金を借りたりはせず(大雑把)、好きなことに金を使い(ギャンブル好き・酒好き)、結果的に自己破産に追い込まれてしまうのだ,と推測する人もいないではありません。

 

もっとも,こうした推測も,確実なものとはいえないでしょう。なぜなら,九州人でも几帳面な人は沢山いますし、九州人以外でもギャンブルや酒好きで借金まみれになる人が珍しいかといえばそんな事はないからです。

 

債務整理相談はこちら

 

機械からお金を引き出すことに慣れてきた

また,興味深い一つのデータがあります。NTT電話帳によると,人口10万人あたりの貸し金業者の数が最も多い都道府県上位5位も、すべて九州勢が占めているらしいのです。九州地方では比較的、街中のいたるところで無人契約機を見かけ、テレビをつければ、数多くの消費者金融会社のCMを目にするといいます。昔に比べて、「お金を借りる」という行為が随分と身近になったというのでしょうか。

 

考えてみれば,今の時代、給料はすべて銀行の預金口座に振り込まれます。そして、銀行のカードを使い,そこからお金を引き落とします。機械に向き合ってボタンを押せばお金が出てくるという単純な流れが、体の中に染み込んでいるかもしれない。無人契約機の前でも銀行のATMの前ですることと同じ行動をすればいいのですから,余計に、お金を借りやすくなったのではないでしょうか。今現在、自己破産の件数は24万件以上あります。最近はその数字が下がったと言われるものの、バブルがはじけたころは 2万件にすぎなかったのです。みんなが気軽に,お金を借りているのではないでしょうか。

 

九州で自己破産が多い理由は正確には分からない・・・

他に,しいて他の考えられる理由をあげるとしたら、債務整理をする際に,その方法として自己破産を選択する人が九州人に多いということもあるのかもしれません。つまり,たまたま九州地方の弁護士、司法書士が債務整理についてアドバイスをするのに、自己破産を勧める人が多かったのかもしれません。この理由が正しいかを知るためには、任意整理や個人再生などをおこなった人の都道府県別統計がないと分からないでしょう。

 

まとめ

自己破産は債務整理の方法として法的に認められた合法的な手段です。決して恥ずかしい事ではありません。むしろ、多重債務を抱えて完済の目処が立っていないにも関わらず、ギリギリの生活の中で返済をし続ける方が不健全です。

 

ある意味、九州人をポジティブに捉えると「諦めが早い」、「切り替えが早い」、「合理的」なのかもしれません。また、歴史的に見ても、かつて中国、韓国とも密接な関係の土地柄ですので、大陸的な考え方があるとも言えます。

 

九州人はせっせと借金返済するのを止めて、合理的な考えのもと自己破産を選択する人が多いのかもしれません。あくまで憶測の域を出ませんが・・・。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ