家族や会社に知られずに債務整理をする方法

家族や会社に知られずに債務整理をする方法

債務整理を行えば、今ある借金を大幅に減額できたり、利息を免除してもらうことができたりとメリットが数多くあるので利用したい。けれど家族や会社に知られる可能性があるかどうかが心配、という方も多いと思います。債務整理は、家族や会社に知られずに行うことは可能です。ここでは、家族や会社に知られずに債務整理する方法についてご紹介していきます。もちろん全ての債務整理で無条件に家族や会社に知られずに実行できるというわけではありませんので注意も必要です。

 

家族や会社に知られることなく進めやすい債務整理は、任意整理です。任意整理を行う場合には、手続きに必要な書類を揃えるに当たっては、債務整理をする個人、つまりあなた一人で完了させることができます。そして、手続きを行うに際しても、依頼する弁護士や司法書士に「家族や会社には知られずに手続きを進めたい。」ということを伝えれば、電話や郵送物その他に配慮してもらえるのでほぼ知られる可能性をゼロにすることが可能です。裁判所から「任意整理のお知らせ」のような非常識な郵送物が届くこともありませんのでご安心を。手続き完了後も、納税関係で会社に通知がいったり、連絡が入ったりすることもありません。むしろそれらがあった場合には個人情報保護義務違反となります。ですので、債務整理の中でも任意整理を行う場合は特に家族や会社に知られることを過剰に心配する必要はないでしょう。

 

債務整理相談はこちら

 

他の債務整理の方法、つまり特定調停・個人再生・自己破産を行う場合には、状況が大きく異なります。家族や会社に知られずに債務整理を行うのは難しいのです。特に、家族に隠して手続きを進めることが非常に困難です。なぜならば、家族がいる状態、つまり既婚者がいて共働きの場合には配偶者の給与明細や納税書類を揃える必要があるからです。これらを本人の同意無しで申請して入手することはできません。さらに、自己破産となれば、こういったことに加えて「財産の差押え」が執行される可能性もあるので、そういった意味でも家族に知られないということを、手続き開始時点で確定させることは困難です。もちろん、難しいことは難しいのですが、不可能という訳ではありません。個人再生や自己破産の債務整理を行う場合でも、家族に知られずに手続きができる場合もあります。それは、いくつかのケースがあるのですが、ひとつには配偶者が専業主婦の場合。この場合、収入を証明する資料は役場で夫という立場による代理人申請で入手することができます。また、配偶者が共働きの場合でも、普段から配偶者の給与明細・源泉徴収票などの書類をあなたが管理している場合には、家族や会社に知られずに手続きを完了させられる可能性が高まります。いずれにせよ、債務整理の中でも任意整理以外の方法をとる場合に、家族や会社に知られないようにできるかどうかは、あなた自身の状況や家族・会社との関係性によって違ってくるので、一概にどうとは判断できません。可能な限り知られずに個人再生や自己破産を行いたい方は、弁護士等に相談するのが良いでしょう。あなたの今の状況や、会社・家族との関係などを話して「知られずに終わらせることができそうか」ということを聞けば良いでしょう。担当する弁護士や司法書士によっては、そういったことが得意なところもあればそうでない事務所もあります。最近では、「相談無料」というところが多いので費用を心配する必要もありません。ですので、家族や会社に知られずに債務整理をしたい場合には、こういったサービスを有効活用して下さい。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ