債務整理するとブラックリストに登録されてしまいますか?

債務整理するとブラックリストに登録されてしまいますか?

債務整理を行うと、基本的にその情報は信用情報機関に登録されてしまいます。いわゆる「ブラックリスト」に載ることになります。ブラックリストはあくまで俗名であって、一般に事故情報として記録されてしまうことを指します(ここでは便宜的にブラックリストという言葉を使います)。

 

実際には、信用情報機関や債務整理の方法によって、ブラックリストに載るか載らないか、載ったとして何年間記録されるのかは変わってきます。例えば、指定信用情報機関CICでは、任意整理と個人再生については事故情報として扱いません(自己破産のみ5年間登録)。一方、日本信用情報機構(JICC)では、任意整理であっても個人整理であっても、もちろん自己破産であっても事故情報として5年間登録されてしまいます。なお、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合、自己破産又は個人再生を行ったら10年間事故情報として記録されます。つまり、債務整理をする以上、結局はどこかしらでブラックリストに載ってしまうと思ったほうがよいでしょう。

 

債務整理を行って債務償還の負担を軽くしたいと思うものの、ブラックリストに載ってしまうことに抵抗を持つ人は、やはり少なくありません。

 

では、実際にブラックリストに載ってしまうと、どんなデメリットがあるのでしょうか。価値観は人によっても異なりますが、ブラックリストに載ったからといって、生活や人生に大きなダメージがあるというわけではありません。

 

債務整理相談はこちら

 

そもそも信用情報機関は、金融機関や貸金業者が貸付先について調査するときに使うものです。つまり、顧客がローンを組みたい、融資してもらいたい、クレジットカードを作りたいと言ってきたときに、その顧客はしっかりとお金を返すことができるかどうか審査するために、事故情報の有無を確認します。

 

このとき事故情報があると、ローンを組んだり、融資をしてもらったり、クレジットカードを作ることができなかったりします。ですが実際にこのような必要に迫られるのは、家や車を買うときや、事業を行っているときであって、クレジットカードに至っては、現金で払えば済むケースがほとんどです。そのため、普通に生活するうえでは、ブラックリストに載ったからといって不利益を被ることはほとんどありません。

 

また、最近ではブラックリストに載ってしまった人でも使えるデポジット型のクレジットカードがあるので、ネット上での決済などでも、困ることはなくなってきています。

 

債務整理によってブラックリストに載ることをためらう必要が本当にあるのか、まずは実生活をベースに想定してみましょう。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ