債務整理をすると一生ローンが組めないのか?

債務整理をすると一生ローンが組めないのか?

ご安心ください。債務整理をしても一生ローンが組めないということはありません。
債務整理するとなぜローンが組めなくなるかといいますと、本人からローンの申請があると金融機関の審査部が信用情報機関へ照会をかけ、その本人の信用情報をチェックします。過去に債務整理をしているとこの信用情報に事故情報として登録されてしまうために審査が通らないのです。
ですから、信用情報に事故情報として登録されている間はローンは通らないのは当然のことなのです。
しかし、実は事故情報が登録されている期間が債務整理の種類により異なるのです。

 

  • 任意整理・・・完済してから約5年間
  • 特定調停・・・完済してから約5年間
  • 民事再生・・・完済してから約7年間
  • 自己破産・・・免責から約7年程度

 

債務整理相談はこちら

 

このように一見、自己破産が一番長いと思われがちですが実はそうではないのです。
自己破産は「免責から」、それ以外は「完済から」ということがポイントなのです。

 

例えば、任意整理の場合、通常3年から5年をかけて返済していくことが一般的ですから、

 

  • 返済期間3年+約5年間=8年間
  • 返済期間5年+約5年間=10年間

 

それに対して自己破産は借金を返済する期間がありませんから7年間になります。
いかがでしょうか?一生懸命返済している方が信用情報に事故情報として登録されている期間が長いことになります。

 

もちろん、債務整理していなくとも多額の借金や返済が滞っていれば、既に事故情報に登録されていますから今更心配するのもどうかと思います。それよりも、現状の借金をなくすことを第一に考え、何らかの債務整理をすることをおすすめします。

 

借金されている方の大半の方は、金利があるから返済が大変、毎月返済しているけど借金が一向に減らないのが実情なのです。ですから、この金利を止める手立てが借金返済の唯一の近道なのです。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ