任意整理なら連帯保証人、抵当権、公正証書が設定されているものは除ける

任意整理なら連帯保証人、抵当権、公正証書が設定されているものは除ける

債務整理の中でも、任意整理なら連帯保証人、抵当権、公正証書が設定されているものは除ける可能性があります。
ですので、これから債務整理をする上で、連帯保証人、抵当権、公正証書が設定されているものを除きたい場合には、任意整理の方向で進めることをおすすめします。

 

任意整理で連帯保証人、抵当権、公正証書が設定されているものを除きたい場合

 

債務整理をする際に、連帯保証人や抵当権、公正証書が設定されている債務を対象から除きたい場合はどうすれば良いか。
これは、ケースバイケースであり、一概に「こうすれば確実に大丈夫」という方法はありません。
というのも、任意整理は個人再生や自己破産と違い、法的処置の範囲が狭くなるためで、債権者との調整やすり合わせの比重が大きくなるからです。
この場合、もしもあなた自身が司法書士クラスの知識があれば別ですが、一般的には債務整理に強い弁護士の助力を得た方が結果的に望む結果にたどり着きやすいと思われます。
もちろん、着手金や成功報酬で費用はかかるでしょうが、任意整理において連帯保証人、抵当権、公正証書が設定されている債務を除外して、それら以外の債務について交渉を進めるには、弁護士の知識とスキルはほぼ必須と言っても良いでしょう。

 

債務整理相談はこちら

 

任意整理において連帯保証人、抵当権、公正証書が設定されているものを除外する際に注意したい事項

 

この場合に注意していただきたいのは、該当する弁護士に正式に依頼をする前に、あなたの望む決着の状態を先に伝えておき、その弁護士がその内容で任意整理を進められる見通しに対して十分な実績があり、自信を持っているかを確認すべき、ということです。
弁護士にも得手不得手があり、一概に任意整理といっても一癖も二癖もある債権者との交渉をする上では得意分野であるほど有利になるのは当然の帰結。
逆に、こういった分野に不得意な弁護士に依頼をしてしまえば、例えば公正証書が設定されている債務について、その証書が無効であることを訴えつつ、落としどころを探って行くような交渉ができない場合も予想されます。
そうなってしまうと、強制執行までいってしまうという結果になります。
ですので、特にこういった通常の任意整理よりもハードルが高い状態で債務整理を行うという場合には、依頼する弁護士の選定に注意を払うようにして下さい。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ