会社から支給されているクレジットカードの債務整理はやめよう

会社から支給されているクレジットカードの債務整理はやめよう

会社から支給されているクレジットカードの任意整理はやめましょう。
債務整理をする際に、会社から支給されているクレジットカード(コーポレートカード)も含めてしまう可能性もありますが、デメリットばかりですので避けるようにしましょう。

 

何故、会社支給のクレジットカードで債務整理をすべきではないのか?

 

会社支給のクレジットカードにはいくつか形式的な違いがあり、会社の口座で決済する物と、一旦個人の口座で引き落としがかかり、その後社用での利用分が会社から支払われるものがあります。
おそらく、会社から支給されているクレジットカード(コーポレートカード)を債務整理に含めるかどうかを考慮されている方は後者が該当するのでしょうが、デメリットが大きすぎるのでやめておきましょう。
もしも弁護士に相談して進めている場合には、コーポレートカードの債務の存在について知らせておくようにしましょう。

 

債務整理相談はこちら

 

会社支給のクレジットカードを債務整理した場合のデメリットとは?

 

会社支給のクレジットカード(コーポレートカード)を仮に債務整理使用とした場合、そのカードの契約状態にもよりますが、ほとんどの場合、債務整理はできないことでしょう。
というのも、会社支給のクレジットカードはその契約の形態が、クレジットカード会社と会社の間の契約によるもの、である場合がほとんどだからです。
仮にあなたの口座から一旦引き落としになっていたとしてもです。
ですのでそもそも債務整理をしようとしてもできない可能性が高く、仮に途中まで手続きが進んだとしても、会社にあなたが債務整理をしている事実がばれてしまう確率が跳ね上がるだけという結末になりかねません。
普通に債務整理をした場合、条件にもよりますが基本的にその事実が会社や同僚にバレる可能性は非常に低いです。
しかし、会社支給のクレジットカードをうっかり債務整理の範囲に入れようとして、その結果確認行為などで会社の知る所になる、という可能性がゼロではありません。
以上のデメリットを考慮すると、会社支給のクレジットカードを債務整理に含めることはマイナスになる可能性はあっても、あなたにとってプラスになる可能性がほとんどありません。
弁護士に相談して依頼している場合には避けられるでしょうが、そうでない場合には注意して頂きたいと思います。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ