公務員はお金を借りやすい?単にお金を回収しやすいから

公務員はお金を借りやすい?単にお金を回収しやすいから

職業によってもお金の借りやすさは変わります!

一般的に公務員の方は、お金を借りやすいとされています。
それは、他の民間企業と違い、公務員の方は国から給料を支給されるため、よほどの理由がなければ定期的に収入があります。
しかも、国民の税金からお給料をもらっているため、日本が崩壊する――というありえないことが無い限り、かなりの額を定期的にもらう事が出来るのです。
これが、民間企業と公務員の大きな違いですが、お金を貸す方からしても、「絶対に定期的に収入がある」ということがわかっているため、公務員が借金をしても、返す確率が高いと見込み、民間企業のサラリーマンには貸せないような金額を、公務員の方には貸すことが多いのです。

 

債務整理相談はこちら

 

公務員の中でもあの2つの職業は、もっと借りやすい!?

一口に公務員と言ってもいろいろな職種がありますが、公務員の中でも特に「自衛官」と「消防士」は、借金を借りやすい職種です。
もちろん、市役所職員や学校教員なども、同年代の民間企業勤めの方に比べれば、遥かにお金を借りやすいのですが、市役所職員よりも、この2つの職業はお金が借りやすいのです。

 

「自衛官」と「消防士」がお金を借りやすいワケ

まず、この2つの職業は金遣いが荒い方が多いため、回収費用が多くなることを見越して、「自衛官」と「消防士」の方には、お金を貸す業者が多いということが言えます
自衛官の中でも、陸に上がる時間が短い海上自衛隊の自衛官の方は、業務のストレスも大きいことから、同じ自衛官の中でもお金を借りやすくなっているようです。
しかも、この2つの職業、勤務地によって「手当」がつくため、他の職業よりも、借りたお金を返しやすくなっています。
例えば自衛官ならば、僻地の方に飛ばされれば、その分手当がつくため給料が高くなりやすく。その手当を借金返済に充てられる方が多いため、貸金業者は自衛官には喜んでお金を貸すと言われています。
なんでも自衛隊の中には借金で苦しむ自衛官向けに「借金返済がしやすい部署がある」と実しやかに語られています。
また、消防士も同じく、働き方によっては借金を返済しやすい体制が整っているとされています。
つまり、自衛官と消防士は、借金を返しやすい体勢が整っている職業なのです!

 

勤続年数によっても借りられる金額は変わります!

公務員の方は、特に勤続年数によって、借りられる金額が大きく変わります。
もしも、公務員の方でお金を借りることをお考えの方は、一度貸金業者に問い合わせをして見ると良いかも知れませんよ?

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ