クレジット枠の現金化で任意整理ができないことも

クレジット枠の現金化で任意整理ができないことも

使い方によっては便利なクレジット枠の現金化ですが……!

クレジットカードを使えば、たいていのものは購入することが出来ますが、「今すぐ現金が欲しい!」という時がありますよね?
そんな時に、クレジットカードのショッピング枠を現金化することで、対象されることがあります。一般的に「クレジットカード現金化」「クレジットカードのキャッシング枠の現金化」と言われる、クレジット枠の現金化ですが、実は違法なんです。

 

クレジットカード現金化業者を利用した場合はどうなる?

現金が手元にない時、クレジットカード枠を現金化される方が少なからずいらっしゃいます。個人で、買物をしてその商品を中古販売して、現金化した場合はグレーゾーンですが、クレジットカード現金化業者を利用した場合は、問題です。
そもそもクレジットカード現金化業者は、貸金業法及び出資法違反を行っている不当な金融業者であり、違法性が高いのです。
最悪の場合、横領・詐欺行為となってしまう場合があります。
また、カード会社のクレジットカード利用規約には、換金目的でクレジット枠の利用を禁止しています。もしも、クレジット枠を現金化したことがバレた場合は、クレジットカードを使うことが出来なくなる可能性もあるのです。
しかも、例え横領・詐欺行為として摘発されなかったとしても、クレジット枠にした分の借金に対して、任意整理を受けることが出来ないのです!

 

債務整理相談はこちら

 

債権者=クレジットカード会社が許可しない場合があるのです!

任意整理の場合、債権者と交渉することによって、借金を返しやすくします。
しかし、クレジット枠を現金化した、違法行為によって現金を入手した場合は、クレジットカード会社の逆鱗に触れ、任意整理を受けられない場合があるのです。
「どうせクレジット枠を現金化してもバレないから大丈夫」と思っていたら、クレジットカード会社にバレていて、借金を支払えず任意整理も受けられない……ということもあるので、絶対にクレジット枠を現金化しないでください!

 

任意整理が出来ないことも考えるなら普通の借り入れした方が良いかも?

クレジットカード会社にクレジット枠の現金化がバレてしまった場合は、大変なことになることはお分かりして頂けたかと思います。
不法営業の貸金業者が絡むと、より事は大きくなり、思いもよらなかったようなトラブルに発展することもあります。
余計なトラブルに巻き込まれないためにも、クレジット枠の現金化は避けるようにしてください。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ