個人再生は費用が高いためなかなか手続きできない

個人再生は費用が高いためなかなか手続きできない

個人再生を考えている方、必見です!

「自己破産」に替わる借金返済の形として、注目度が高い「個人再生」。
裁判所を仲介しておこなう債務整理手続きの中の1つで、借金の減額が可能な制度であり、借金の額が多い方や、多重債務に悩まされている方が利用されることが多い制度です。
ただ、未だに個人再生については、認知度が低く、多くの方が安易な気持で、個人再生を利用しようとしている方が多くいらっしゃいますが、個人再生はかかる費用が高額なため、なかなか利用するのが難しいのが現状です。

 

個人再生にかかる主な費用は、

  • 初期費用
  • 着手金
  • 成功報酬
  • 減額報酬

 

このようにさまざまな費用が発生します。
実費と弁護士費用が主なのですが、この費用が意外に高いのです。

 

債務整理相談はこちら

 

個人再生にかかるコスト 弁護士と司法書士でいくらかかる?

方法 金額 内訳
司法書士に依頼 約40〜50万円 個人再生の費用+司法書士費用
弁護士に依頼 約50〜70万円 個人再生の費用+弁護士費用

 

個人再生にかかるコストは、弁護士と司法書士に依頼した場合で、20万円近く変わります。
もちろん、依頼する弁護士事務所などによっても、その金額は異なりますがおおよその金額は上記の表のようになります。
改めて考えると、かなりの高額だということがお分かり頂けたでしょうか?
何かにかけて費用を請求され、借金は減ったものの、弁護士費用が増えた分だけ、支払い金額が増えてしまうのですから、一長一短と言ったところでしょうか?
実はそうでもないのです!

 

裁判と違って誰がやっても差がでない!?

個人再生を受ければ、借金を100万円単位で減額させることが出来ますが、50万円近くも弁護士費用に持って行かれては、損をした気分になってしまいますよね?
しかも、裁判と違って、個人再生の手続きは司法書士であろうと、弁護士であろうと、誰がやっても大きな差がつくような案件ではありません。
法律に詳しい方なら、司法書士や弁護士でなくとも個人で個人再生の手続きを行われる方もいるほどです。
つまり、個人再生はコストがかかる割には、実はそこまで大きなリターンが期待出来ないのです。

 

自分の借金の状況に合わせて、返済スタイルを選ぼう!

「借金がなくなるから個人再生にしよう!」と安直に考えて、実は他の方法の方が、かかる費用が安く済んだ、ということも少なくありません。
間違った判断で、無駄に高額な弁護士費用を払う結果になっては、せっかく借金が減ったのに、意味がありませんよね?
そういった弁護士費用などのことも考えて、自分の借金の状況に合わせて、返済スタイルを選ぶようにしてください!

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ