利息制限法とは?/債務整理の無料相談を徹底比較

利息制限法とは?金利の上限を定めグレーゾーン金利を無くした法律

利息の最高限を決める法律

金銭消費貸借契約において、貸主と借主の間で同意があれば自由に利率を決めることが可能とされています。

 

しかし、闇金のように法外な金利は現在では禁止されており、利息制限法によって利息の上限が定められています。なお、現在利息制限法の上限以上の利息を定めた場合は、その上限を超える利息は"無効"となり、支払う必要はありません。

 

なお無効となった利息は、法的に効力が全くないため例え、貸金業者側が訴えったとしても、法的保護を受けることができません。

 

利息制限法では上限金利は?

それでは利息制限法で定められた上限金利とはいくらなのでしょうか?

 

【利息制限法の上限金利】

  • 10万円未満:年率 20%
  • 10万円以上〜100万円未満:年率 18%
  • 100万円以上:年率 15%


現在、利息の上限は3段階に設定されています。
借りている金額が上がるごとに、上限金利が低くなるように設定されており、金利だけみれば100万円以上借り入れした方が、得な流れになっています。

 

もちろん、この上限金利を上回る金利は法的に無効となります。
さて、実は明治時代からあった利息制限法ですが、今になって制定されたのには、深いわけがあるのです。

 

債務整理相談はこちら

 

貸金業者が守っていなかった利息制限法

利息制限法は、改めて法律が改定されるまで、貸金業者は守っていませんでした。金利は貸金業者から借りる際に貸金業者が決めていましたが、貸金業者のほとんどは上限金利を守っていませんでした。

 

実は貸金業者たちは利息制限法ではなく、貸金業者の金利を定める「出資法」を上限金利に採用していたからです。

 

なぜ、貸金業者は利息制限法ではなく出資法を採用していたのか。
理由はただ一つ。2010年に改正されるまで、利息制限法に罰則がなかったから。

 

罰則がない法律を、わざわざ貸金業者が守るわけはなく、結果的に利息制限法違反者が野放しになっていた事実があり、そういった状況を是正するために、利息制限法が定められたのです。

 

利息制限法の改正によりグレーゾーン金利も撤廃!

一時、出資法と利息制限法の間の違法ではないが、合法でもない金利、グレーゾーン金利が問題になっていましたが、その原因となっていたのが、利息制限法でした。

 

しかし、現在「出資法」も「利息制限法」も改正されたため、合法的にグレーゾーン金利を禁止することが出来るようになり、債権者の負担がぐっと減り、自己破産率も借金が原因の自殺率も減っています。

 

政府が重い腰を上げたおかげで、借りる側が返しやすくなったのです!

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ