総量規制とは?/債務整理の無料相談を徹底比較

総量規制とは?年収の3分の1以上借り入れできなくする法律

総量規制とは?借金しにくくした法律

総量規制とは個人の借入総額がローンも含めて、年収の3分の1に制限される制度です。そのため収入が低い人ほど、借金出来る金額が自然と少なくなる……という法律ですが、2006年に総量規制が成立されるまでは、個人が借りられる金額に規制はありませんでした。

 

しかし、総量規制が成立されていなかったせいで収入が低い主婦や、フリーターが度を越した借金をしてしまい、その結果多くの人が返せない借金を抱え、借金が原因による自己破産や自殺が一時、社会問題化していました。

 

そんな状況を是正すべく、総量規制は成立されたのです。

 

総量規制の詳細 借り入れだけでなくローンやキャシングにも影響?

総量規制は年収の3分の1を超える借り入れは原則できなくなっています。例えば年収が300万円あった場合は、その3分の1――つまり100万円までしか借り入れができません。

 

もちろん、この割合は年収に関わりはなく、3分の1と決まっているため、年収が低ければ低いほど借り入れ出来る金額も少なくなってしまいます。

 

さて、そこで気になるのが、ローンやキャシングは総量規制に関係があるのかという部分です。

 

債務整理相談はこちら

 

クレジットカードを使っている方は、日常的にキャッシングやローンで買物をされているため、総量規制によってキャッシング枠やローンの金額が減ってしまうことを心配されるかも知れませんが、クレジットカードでのショッピングは総量規制外となります。
しかし、クレジットでキャッシングをしたり、ローンを組んだりした場合は、総量規制に含まれます。

 

例えば年収が300万円あって、借金がすでに290万円あったとしましょう。ここで10万円までは、キャッシングしたり、ローンをしたりしても大丈夫ですが、11万円――借金とキャッシング、ローンも含めて300万円を超えた場合は、総量規制の適応範囲となり、1万円オーバーで借金はできません。

 

総量規制によって専業主婦は借金しにくくなりました!

総量規制によって、年収の3分の1までしか借り入れすることはできなくなってしまいました。

 

そのせいで収入がなかった専業主婦の借り入れが非常に困難になっており、ほとんどの貸金業者が専業主婦へお金を貸さないようになっています。

 

また、専業主婦だけでなく、フリーターの方も借り入れが困難になっており、多くの人が総量規制の影響を受けています。全体で見れば総量規制は、良い法律ですが一部では総量規制のせいで苦労している人もいらっしゃるようです。

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ