カードローンで収入証明書の提出が必要な金額とその理由

カードローンで収入証明書の提出が必要な金額とその理由

カードローンを申し込む際に一定の収入の方は収入証明書が必要です!

クレジットカードや銀行などから申し込むことが出来る、カードローン。最近では無審査のところも増えて来ましたが、一定以上の金額を借り入れする際には、収入証明書の提出が求められることがあります。

 

「収入証明書」とは聞き慣れない単語ですが、自分自身の収入を公的に証明する書類のことで、

  • 源泉徴収票
  • 給与支払明細書
  • 特別徴収税額の通知書
  • 課税証明書
  • 確定申告書


上記の内容がそれにあたります。

 

ただ、全ての人に収入証明書が必要というわけではありません。
一般的に50〜100万円以上の借り入れから、収入証明書が必要になるとされています。

 

100万円以上の借り入れに収入証明書の提出が必要な理由

それでは、100万円以上の借り入れに、収入証明書の提出が必要な理由とはなんなのでしょうか?

 

まず、収入証明書が必要になった理由は「総量規制」という法律が関係しています。この総量規制とう法律によって、年収の3分の1までしか借り入れすることができなくなったため、その確認として収入証明書が必要になりました。

 

また、収入証明書が必要な理由はこれだけではなく、実際に貸付する際に、貸金業者側が貸付側に返済能力があるかを判断するためにも、収入証明書はもちいられており、収入証明書によって貸金業者は貸付するかどうかを判断しています。

 

債務整理相談はこちら

 

貸金業者によって必要とされる金額は変わります!

貸金業者によって、収入証明書を求められる金額は異なります。「アコム」などの貸金業者は、50万円から収入証明書を求められるようですが、銀行系は100万円から収入証明書の提出を求めるというところが多いようです。

 

実際のところ銀行が運営しているキャッシングやローンは、貸金業法の規制対象外の金融機関なので、貸金業法の制約はなく本来ならば収入証明書の提出は必要ではありません。

 

しかし、多くの銀行は返済時のリスクを抑えるために、100万円以上の借り入れに関しては収入証明書の提出を求めるところがほとんどのようです。

 

低額であれば収入証明書は不要です!

銀行系であっても、消費者金融系であっても、10万円程度の低額からの借り入れであれば、収入証明書は必要とはされません。

 

だから「今月ちょっとピンチだから……」という時は、収入証明書が不要な低額での借り入れをする、という方法もあります。

 

なお、即日融資・収入証明書不要な金融機関もあるので、収入証明書がすぐに準備できない場合は、そういった金融機関を利用するという方法もありますよ!

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ