クレジットカードのリボ払いを債務整理する意味はあるのか?

クレジットカードのリボ払いを債務整理する意味はあるのか?

実はクレジットカードの支払いも債務整理が可能なのです!

クレジットカードの支払いは、あまりに日常的すぎて「借金」というイメージがありませんが、クレジットカードによるローンやキャッシングは正確には「借金」扱いされています。

 

そのため、借金が多すぎて払えないという時には、クレジットカードのローンやキャッシングもその対象になるのですが、実はリボ払いも債務整理の対象になります。

 

しかし、リボ払いの金にはキャッシング等に比べれば比較的安いため、人によってはリボ払いを債務整理する意味をあまり感じない、という人もいらっしゃるかも知れませんね。

 

実はその予想、間違っています!

 

リボ払いで債務整理を行うメリットとは?

借金で首が回らなくなった際に、その借金の1部であるリボ払いに債務整理を行う意味はあるのでしょうか?

 

まず、リボ払いはほとんどが18%いないと年利が低いため、債務整理によって年利分を減額することはできません。

 

ですが、債務整理によって分割払いをした場合は将来の利息が減るという大きなメリットがあります。

 

債務整理は、これからかかる利息をゼロにしてくれます。例えば100万円を借りていて、それを18%の年利で支払いと、1年で118万円も支払わなければなりません。

 

しかし、債務整理では利息をゼロにする交渉をすることが出来るので、利息分である18万円を支払う必要がなく、実質支払う金額を100万円に抑えることだって出来るのです。

 

もちろん、これは借入額が大きければ大きいほど利息の負担も少なくなるためおすすめです。

 

債務整理相談はこちら

 

リボ払いの債務整理は額が多いほどお得!

100万円を試算にして、1年間で将来の利息の支払いを18万円も抑えることが出来た、と言いましたが債務整理を行う金額が多ければ、多いほど利息が免除される額が多いため、結果的にはお得になります。

 

リボ払いの年利によって支払うはずだった金額に違いはありますが、一般的に200万円なら36万円分の将来利息の支払いが、300万円なら54万円の将来利息の支払いが債務整理によって免除される可能性が高いのです!

 

リボ払いの支払いに悩んでいるなら、まずは債務整理を!

リボ払いの支払いがきつくて、生活がなりたたない……という方は思い切って債務整理を依頼されてみてはいかがでしょうか?

 

リボ払いの元金が減らなくっても、高い利息がなくなるだけでも、その効果があります。

 

とりあえず、リボ払いでの借金が50万円以上あり、生活がキツイなら弁護士に相談してみてくださいね!

 

債務整理相談はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ